コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロバニエミ Rovaniemi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロバニエミ
Rovaniemi

フィンランド北部,ラッピ県の県都。ケミ川とオウナス川の合流点に位置する。木材の積出しや毛皮の取引が盛ん。ラップランド観光の基地であり,ウィンタースポーツの中心地としても有名。周辺は第2次世界大戦中,フィンランド軍とドイツ軍がソ連軍に対して戦った激戦地。イナリ湖畔のイバロや,ロシアのムルマンスク北西約 100kmにあるペチェンガに通じる極地ハイウェーの起点であり,空港もある。郊外に「サンタクロース村」がある。人口3万 3954 (1992推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロバニエミ
ろばにえみ
Rovaniemi

フィンランド北部、ラップランド地方の中心都市。人口3万5188(2001)。ケミ川の中流、支流オウナス川との合流点に位置し、道路・鉄道が通じる交通の要地。北極圏をくぎる北緯66度30分の緯線上の都市としても知られる。中世にはサーミ人に対する徴税請負人たちの拠点となっていた。第二次世界大戦末期、ドイツ軍によって破壊されたが、戦後は行政、文化、商業の中心として、近代的都市が復活した。工業にはみるべきものはないが、北極圏観光の基点となっている。[塚田秀雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ロバニエミの関連キーワードサンタクロース・オフィスカリ ユリアンティラハンヌ マンニネン

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロバニエミの関連情報