コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケミ ケミ Kemi

2件 の用語解説(ケミの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケミ
ケミ
Kemi

フィンランド北部,ラッピ県南部,スウェーデンとの国境近くにある町。ボスニア湾の北端,オウルの北北西約 90km,ケミ川の河口に位置する。パルプ木材工業の中心地で,ボスニア湾の貿易港でもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケミ
けみ
Kemi

フィンランド北部、ボスニア湾奥のケミ川河口に発達した工業都市。人口2万3967(1999)。ケミ川とトルネ川を流送されたラップランド全域の原木がここで加工される。19世紀後半、製材業が盛んになったが、1920年ごろからは、その廃材を利用した化学パルプ、紙の大工場が河口の両側に立地するようになった。第二次世界大戦後、ケミ川の水力資源開発が進展したために、原木は流送にかわってトラックで輸送されるようになったが、市はなおラップランド最大の工業中心地となっている。[塚田秀雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケミの関連キーワードスウェーデンスウェーデン語トゥルクフィン人フィンランドラップランド芬蘭北欧トーネ[川]フィンランド大公国

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ケミの関連情報