ゲオルグ ケルシェンシュタイナー(英語表記)Georg Kerschensteiner

20世紀西洋人名事典の解説


1854 - 1932
ドイツの教育学者。
元・ミュンヘン市学務官。
ミュンヘン市生まれ。
国民学校の助教師から、ミュンヘン大学で人文、自然科学を学んで、1881年にギムナジウムに務めた。その後、ミュンヘン市学務官として教育改革を推進した。1918年からはミュンヘン大学正教授として教育学を教えながら、「ドイツ教育教授委員会」の議長として、国民形成のための公民教育の重要性を説き、著書の「労作学校の概念」(’12年)では手工的労作、精神的労作による勤勉、忍耐などを形成するための労作教育を主張した。この主張は大正から昭和初期にかけて日本にも大きな影響を与えた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android