コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲース ゲース Goes, Albrecht

2件 の用語解説(ゲースの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲース
ゲース
Goes, Albrecht

[生]1908.3.22. ランゲンボイティンゲン
[没]2000.2.23. シュツットガルト
ドイツの詩人,小説家。テュービンゲン大学で神学を学んだのち,1930年から 1952年までウェルデンベルクで牧師を務める。文学活動は詩の創作から始め,『牧人』 Hirte (1934) ,『故郷はよいもの』 Heimat ist gut (1935) など多くの詩集がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゲース
げーす
Albrecht Goes
(1908―2000)

ドイツの詩人、小説家。バーデン・ウュルテンベルク州の牧師の息子で、先輩メーリケらの学んだチュービンゲン大学神学部の出身。第二次世界大戦の従軍牧師の体験から小説『焔(ほのお)のいけにえ』(1954)、『銀のスプーン』(1965)を書き、戦争の非人間性を訴えた。ほかに伝統的詩風の『詩集』(1950)、気品高く鋭い随筆集『人生の伴侶(はんりょ)』(1942)、『叫びと木魂(こだま)』(1956)、『説教集』(1958)などがある。[宮下健三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゲースの関連キーワード煙管ボイラーコンボイ水管ボイラーロートリンゲンアンボイナ島エンボイらんぼうフランボイダル組織フランボイダルアンボイナ[島]

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゲースの関連情報