ゲール(英語表記)Gale, Zona

  • 1874―1938
  • Zona Gale

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1874.8.26. ウィスコンシン,ポーテジ
[没]1938.12.27. シカゴ
アメリカの女流作家。 1895年ウィスコンシン大学卒業後,ミルウォーキー,ニューヨークで新聞記者をつとめるかたわら,短編小説を書きはじめ,1906年『ロマンス島』 Romance Islandを発表,次いで故郷ポーテジをモデルにした感傷的筆致の短編集『友愛部落』 Friendship Village (1908) で名をなした。以後きびしいリアリズム観に貫かれた『誕生』 Birth (18,劇化 24) や『ミス・ルル・ベット』 Miss Lulu Bett (20,同年劇化,ピュリッツァー賞) などを発表。この2作は彼女の最高傑作とされ,特に後者は同じ年に出た S.ルイスの『メイン・ストリート』と並んでアメリカの田舎町の生活に照明をあてた新しい小説として注目された。そのほか『ある人生の序章』 Preface to a Life (26) ,短編集『黄色いりんどう,青いりんどう』 Yellow Gentians and Blue (27) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アメリカの女流作家。ウィスコンシン州に生まれる。『ロマンス・アイランド』(1906)などのロマンチックな作風から、『友情の村』(1908)で地域物語に転じ、村落生活の閉塞(へいそく)性をつき、『ルル・ベット嬢』(1920刊。劇化後翌年ピュリッツァー賞受賞)では風刺とユーモアで農民を批判的に描いている。のち農村生活謳歌(おうか)に傾き、同州出身のG・ウェスコットのノスタルジックな作風の先駆となった。

[渋谷雄三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ゲールの関連情報