コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コアペル コアペル Coypel, Antoine

2件 の用語解説(コアペルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コアペル
コアペル
Coypel, Antoine

[生]1661.3.11. パリ
[没]1722.1.7. パリ
フランスの画家。 11歳のとき,父ノエル (1628~1707) のローマのフランス・アカデミー校長着任 (1672) に際して同行。 1676年帰国し 81年に 20歳でアカデミー会員。王家の寵を得て異例の昇進をみせ,1714年アカデミー会頭,翌年首席画家。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

コアペル【Noël Coypel】

1628‐1707
フランスの画家。パリに生まれる。キルリエのもとで学び,ルーブル宮殿などの壁画制作にたずさわる。1663年アカデミー会員。60‐70年,テュイルリー宮殿に仕事を残す。その後ローマのフランス・アカデミーの責任者となり,88年,ベルサイユ宮殿グラントリアノンやパリのアンバリッドに壁画を描く。ル・シュウールなどの影響から出発するが,やがて古典的な彫刻性の高い人物を組み合わせた歴史画,構想画に,プッサン伝来の様式を生かす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コアペルの関連キーワードイルドフランスカリエールコランフラゴナールラルジリエールフランスソワールジョリヴェラ・イールル・シュウールル・ナン兄弟

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone