コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コイワザクラ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コイワザクラ
こいわざくら / 小岩桜
[学]Primula reinii Fr. et Sav.

サクラソウ科の小形の多年草。凹凸のある円形の葉を根生し、春に10センチメートルほどの花茎を立て、2~3センチメートルの紅紫色の花を数個開く。関東および中部地方の山地の岩場に生える。変種としてクモイコザクラ、ミョウギイワザクラ、オオミネコザクラが特定産地に自生する。[鳥居恒夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のコイワザクラの言及

【サクラソウ(桜草)】より

…温帯の沢沿いの岩壁(イワザクラP.tosaensis Yatabe),落葉樹林下(カッコソウP.kisoana Miq.),湿地(サクラソウP.sieboldii E.Morren)などに生育している。ほかにもオオサクラソウP.jesoana Miq.,コイワザクラP.reinii Fr.et Sav.やその地方に特異的な変種も多く分化している。【井上 健】 これらのうち,日本のサクラソウを代表する種はサクラソウP.sieboldii(イラスト)で,北海道から九州までの四国を除く各地の高原,原野に広く分布し,朝鮮半島から中国東北部へかけても分布する。…

※「コイワザクラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コイワザクラの関連情報