コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小柄 コガラ

デジタル大辞泉の解説

こ‐がら【小柄】

[名・形動]
体格が普通より小さいこと。また、そのさま。「小柄な女性」⇔大柄
模様や縞(しま)柄が細かいこと。また、そのさま。⇔大柄

こ‐づか【小柄】

刀の鞘(さや)の差裏(さしうら)に添える小刀の柄。また、その小刀。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

小柄【こづか】

日本刀の鞘(さや)に添える刀子(とうす)(小刀)で,三所物の一つ。刀や脇指(わきざし)を腰にさした場合,内側に位置する。柄の部分に彫金が施され,実用性よりも装飾性が強い。
→関連項目一宮長常後藤祐乗杉浦乗意

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

こがら【小柄】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
普通の人より身体が小さい・こと(さま)。 「 -な選手」
着物などの模様や縞が細かい・こと(さま)。 「 -な絣かすり
▽⇔ 大柄

こづか【小柄】

刀の鞘さやの差裏さしうら(佩用はいようする時、体につく側)に差し添え、雑用に用いる小刀。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小柄
こづか

日本刀の鞘(さや)に付属する長さ15センチメートル(柄は9センチメートル)ほどの細身の小刀(こがたな)。初めは小刀の柄を小柄と称したが、柄が実用以上に装飾性をもち、小刀が刀としての役割より、刀装具として用いられるようになると小柄の呼称が一般的となる。
 小柄の発生は、短刀の寸法が大きくなった鎌倉末期ころからと推定されるが、明確にされていない。しかし奈良時代の刀子(とうし)から直接変化したものではないようである。初めは腰刀に付属したものであるが、室町最末期ころから打刀(うちがたな)にも付属するようになり、江戸時代に大小拵(こしらえ)の武家風俗が定まると、正式(登城の際)の大小拵には打刀に小柄と笄(こうがい)、脇差(わきざし)には小柄のみをつける決まりとなった。元来の目的は日常のペーパーナイフ的なものであり、武器としての役割はもたないものである。さらに金銀を用いた精緻(せいち)な金工作品に発展していくと、小柄の装飾性は一段と強まり、この種の金工の名人上手が多く輩出した。[小笠原信夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

小柄の関連キーワードtransistor glamorシェトランド・シープドッグベニゴウカン(紅合歓)タフテッドカーペット名古屋コーチン[種]ウィルトンカーペットLIV/GIANTシェパードチェック裏差し・裏差すばしっこいこびっちょシー・ズー井筒屋朝景長谷川良平小さな巨人小躯・小軀加賀象眼KX80津田正種久保敬道

小柄の関連情報