小柄(読み)コガラ

デジタル大辞泉の解説

こ‐がら【小柄】

[名・形動]
体格が普通より小さいこと。また、そのさま。「小柄な女性」⇔大柄
模様や縞(しま)柄が細かいこと。また、そのさま。⇔大柄

こ‐づか【小柄】

刀の鞘(さや)の差裏(さしうら)に添える小刀の柄。また、その小刀。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

小柄【こづか】

日本刀の鞘(さや)に添える刀子(とうす)(小刀)で,三所物の一つ。刀や脇指(わきざし)を腰にさした場合,内側に位置する。柄の部分に彫金が施され,実用性よりも装飾性が強い。南北朝ごろから出現し,江戸時代には装剣金具の一つとして発達。
→関連項目一宮長常後藤祐乗杉浦乗意

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

こがら【小柄】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
普通の人より身体が小さい・こと(さま)。 「 -な選手」
着物などの模様や縞が細かい・こと(さま)。 「 -な絣かすり
▽⇔ 大柄

こづか【小柄】

刀の鞘さやの差裏さしうら(佩用はいようする時、体につく側)に差し添え、雑用に用いる小刀。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小柄
こづか

日本刀の鞘(さや)に付属する長さ15センチメートル(柄は9センチメートル)ほどの細身の小刀(こがたな)。初めは小刀の柄を小柄と称したが、柄が実用以上に装飾性をもち、小刀が刀としての役割より、刀装具として用いられるようになると小柄の呼称が一般的となる。
 小柄の発生は、短刀の寸法が大きくなった鎌倉末期ころからと推定されるが、明確にされていない。しかし奈良時代の刀子(とうし)から直接変化したものではないようである。初めは腰刀に付属したものであるが、室町最末期ころから打刀(うちがたな)にも付属するようになり、江戸時代に大小拵(こしらえ)の武家風俗が定まると、正式(登城の際)の大小拵には打刀に小柄と笄(こうがい)、脇差(わきざし)には小柄のみをつける決まりとなった。元来の目的は日常のペーパーナイフ的なものであり、武器としての役割はもたないものである。さらに金銀を用いた精緻(せいち)な金工作品に発展していくと、小柄の装飾性は一段と強まり、この種の金工の名人上手が多く輩出した。[小笠原信夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こ‐がら【小柄】

〘名〙 (形動)
体格が普通より小さいこと。小づくり。また、そのさま。⇔大柄
※評判記・野郎立役舞台大鏡(1687)中村数馬「難にいわく生付こがら成ゆへ」
② 着物などの模様縞柄(しまがら)がこまかいこと。⇔大柄

こ‐づか【小柄】

〘名〙 刀の鞘の副子(そえこ)の櫃にさし入れる小刀の柄(つか)。また、その小刀を含めていう。
※大内問答(1509)「御小刀小柄金に而そぎつぎにつがれ候」

しょう‐へい セウ‥【小柄】

〘名〙 マツタケなどの担子菌類の胞子をつける小さな柄。担子柄。担子梗。〔生物学語彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小柄の関連情報