コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コウトウチュウ(鉤頭虫) コウトウチュウ

1件 の用語解説(コウトウチュウ(鉤頭虫)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コウトウチュウ【コウトウチュウ(鉤頭虫)】

鉤頭動物門Acanthocephalaに属する無脊椎動物の総称。哺乳類,鳥,魚など脊椎動物の消化管に内部寄生し,世界で約1000種ほどが知られている。体は細長く,短いのは1mmほどのものから60cm以上のものまである。体前部と胴部に区分され,体前部は吻(ふん)とくびからなる。吻の表面には鋭い鉤(かぎ)が一定の形に配列していて,これで宿主の腸壁にひっかかっている。くびは一般に短いが,クビナガコウトウチュウでは多少らせん状に巻いており,ニホンタマミコウトウチュウでは円錐状になっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コウトウチュウ(鉤頭虫)の関連キーワードコマセアミ条虫類袋形動物無脊椎動物亜門頭動かねば尾が動かぬ線形動物蠕形動物鉤頭虫軟体類

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone