コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉤頭虫 コウトウチュウ

2件 の用語解説(鉤頭虫の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうとう‐ちゅう【×鉤頭虫】

鉤頭虫綱の袋形動物の総称。体は細長く扁平で、体長数ミリ~数センチ。頭の先端に多くの鉤(かぎ)の並ぶ吻(ふん)があり、これで動物の腸壁に寄生。豚やネズミに寄生するものが、まれに人体内に入り込む中間宿主節足動物

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鉤頭虫
こうとうちゅう
thorny-headed worm

鉤頭動物門Acanthocephalaに属する寄生虫の総称。成虫は魚類、両生類、鳥類、哺乳(ほにゅう)類、まれに爬虫(はちゅう)類の腸に寄生し、体は一般に細長く、生時は扁平(へんぺい)である。頭端には鉤(かぎ)の配列した吻(ふん)があり、これによって宿主の腸壁に固着している。また、この吻を反転伸縮することによって、寄生部位を移動することができる。消化器はまったく退化し、栄養は体表から吸収する。雌雄異体で、雌は雄よりも大きい。卵は宿主の糞(ふん)とともに排出され、中間宿主の節足動物に食べられ、その体内で孵化(ふか)した幼虫は一定の発育ののち、さらに中間宿主が固有宿主の魚などの脊椎(せきつい)動物に食べられれば、その腸内で成虫になる。成虫が水生脊椎動物に寄生するものでは中間宿主が小形の甲殻類、陸生脊椎動物に寄生するものでは昆虫類である。なお、鉤頭虫の発育環は食物連鎖と密接にかかわり、中間宿主と固有宿主の間に移動宿主が介在する場合もある。世界中で約500種知られているが、ヒトの寄生虫として問題になるものはほとんどない。[町田昌昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone