コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コウボラ コウボラKouvola

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コウボラ
Kouvola

フィンランド南東部,キュミ県の県都。県内の最大の商港コトカと,内陸の諸都市を結ぶ交通の一大中心地。 1921年建設。主要な製紙工場,繊維工場が近隣にあるため,コウボラは特別に鉄道を敷設し,産業の振興をはかっている。人口3万 2022 (1992推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コウボラ
こうぼら
Kouvola

フィンランド南部の工業都市。パイヤンネ湖水系の唯一の排水河川であるキュミ川がサルパウスセルカのエンド・モレーン(端堆石(たんたいせき))を切って流下する地点に発達する。人口3万1614(1999)。水陸交通の交点であり、水力が得やすいことから、パルプ、製紙業が発達している。サイマー湖水系からも、トラック、鉄道などで原木が運び込まれる。[塚田秀雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android