コウヨウチョウ(紅葉鳥)(読み)コウヨウチョウ(英語表記)red‐billed quelea

世界大百科事典 第2版の解説

コウヨウチョウ【コウヨウチョウ(紅葉鳥) red‐billed quelea】

スズメ目ハタオリドリ科の鳥。全長約11cm,スズメよりひと回り小さい。雄異色。雄の生殖羽は頭頂から後頸(こうけい)までオレンジ色がかった黄色で,顔,のどが黒く,背面褐色に黒い縞がある。くちばしは赤い。雄の非生殖羽と雌は顔とのどが黒くなく,頭部灰色とのどは白っぽい。サハラ砂漠以南のアフリカに分布し,サバンナにすむ。種子穀物を食べ,実りの時期に大群で現れ,農作物に大害を与える。ときには100万羽もの大群が畑を襲う。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android