コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コクレ文化 コクレぶんか

1件 の用語解説(コクレ文化の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コクレぶんか【コクレ文化】

パナマにおける先スペイン期の文化。西暦500年から900年の間に,アスエロ半島からプラヤ・デル・ベナドにかけて栄えた文化で,白地多彩文土器と豊富な金製品を特色とする。またこの文化の重要な遺跡であるコクレCoclé地方のシティオコンテには高さ約2mの石の列柱,土の塚,石槨墓などが発見されている。石柱の多くは人物あるいは神像が彫刻されている。この文化を有名にしているのは,その多彩な黄金製品である。打出し細工,溶接,合金,鍛造,ロウ型法,酸を使った一種の鍍金技法などの諸技術を駆使して,人物,神像,動物などのモティーフで装飾された,耳飾,鼻飾,腕飾,ペンダント,冠,容器などがつくられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コクレ文化の関連キーワードスペインパナマ地峡巴奈馬台湾パナマ組曲「スペイン」12のスペイン舞曲スペイン交響曲スペインの歌スペイン舞曲集スペイン速歩 (Spanish trot)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone