コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コクレ文化 コクレぶんか

世界大百科事典 第2版の解説

コクレぶんか【コクレ文化】

パナマにおける先スペイン期の文化。西暦500年から900年の間に,アスエロ半島からプラヤ・デル・ベナドにかけて栄えた文化で,白地多彩文土器と豊富な金製品を特色とする。またこの文化の重要な遺跡であるコクレCoclé地方のシティオ・コンテには高さ約2mの石の列柱,土の塚,石槨墓などが発見されている。石柱の多くは人物あるいは神像が彫刻されている。この文化を有名にしているのは,その多彩な黄金製品である。打出し細工,溶接,合金,鍛造,ロウ型法,酸を使った一種の鍍金技法などの諸技術を駆使して,人物,神像,動物などのモティーフで装飾された,耳飾,鼻飾,腕飾,ペンダント,冠,容器などがつくられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

コクレ文化の関連キーワードクナ族

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android