コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徐達 じょたつ Xu Da; Hsü Ta

3件 の用語解説(徐達の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徐達
じょたつ
Xu Da; Hsü Ta

[生]至順3(1332)
[没]洪武18(1385)
中国,明初の功臣。濠 (安徽省鳳陽県) の人。字は天徳。農民出身。郭子興の部将であった朱元璋 (→洪武帝 ) の部下となり,先鋒として各地に転戦,常遇春らとともに張士誠陳友諒らの群雄を破り,元璋の覇業達成に大功を立てた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

じょたつ【徐達 Xú Dà】

1332‐85
中国,明の軍人。濠州(安徽省)の人。1353年(至正13)郭子興の配下にあった同郷の朱元璋(明の太祖洪武帝)に従い集慶(南京)の攻略,陳友諒・張士誠との戦いに大功をあげ,67年以後は征虜大将軍として北征し,翌洪武元年,元の都大都を陥落させ,さらに山西・陝西に軍を進めて元の残存勢力を駆逐した。この間右丞相などを歴任したが,その功は勲臣第一とされ魏国公に封じられ,死後は武寧と諡(おくりな)され,中山王に追封された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

徐達
じょたつ
(1332―1385)

中国、明(みん)初の政治家。元(げん)末、朱元璋(しゅげんしょう)の反乱軍(紅巾(こうきん)軍)に参加し大いに功績をあげた。1364年、朱元璋が呉王になると、左相国(しょうこく)に任ぜられ、また大将軍として張士誠(ちょうしせい)を屈服させるのに活躍した。67年、征虜大将軍として25万の大軍を率いて北伐、翌68年には元の大都(北京(ペキン))を占領、順帝をモンゴル高原に追放した。この年、明帝国が成立し、彼は中書省右丞相(じょうしょう)に任ぜられた。大都占領後も、山西、陝西(せんせい)に転戦、元の残存勢力を鎮圧し、70年その功により魏(ぎ)国公に封ぜられた。72年、彼はまた大軍を率いて元の残存勢力とモンゴリアに戦い、翌年これを制圧した。死後に中山王に追封された。政治家というよりも軍略家としての才能に優れていた。[山根幸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

徐達の関連キーワード安徽省安徽派王直洪武帝巣湖方振武安徽豪州・濠州・濠洲淝水佐久間浩

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone