コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コショウソウ(胡椒草) コショウソウLepidium sativum; garden cress; pepper grass

2件 の用語解説(コショウソウ(胡椒草)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コショウソウ(胡椒草)
コショウソウ
Lepidium sativum; garden cress; pepper grass

アブラナ科の一年草。高さ 40cmくらいになり,茎は基部で分枝する。葉は長さ3~4cm。花は小さい4弁の白花で4~5月頃に咲く。オランダガラシのような辛い味があり,欧米ではサラダ用の野菜として栽培し,また種子から食用油をとったこともある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コショウソウ【コショウソウ(胡椒草) cress】

アブラナ科の一年草。イランからヨーロッパ南部が原産で,ここからインドシリアエジプトエチオピアに広がった。日本への最初の渡来は明らかでないが,明和初期ともいわれている。生長は早く,高さは30~60cmになる。下葉は葉柄があって,羽状複葉であるが,上葉は葉柄がなく,上にいくほど線形の単純なものとなる。花は白色,種子は淡赤褐色で,いずれも小さい。品種は分化していない。気候,土質などをとくに選ばないので栽培は容易であり,周年栽培できる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

コショウソウ(胡椒草)の関連キーワードアイアイオマキザルメヌケ出世魚長門型戦艦アオリイカアカウオアジ(鰺)アツモリソウアメフラシ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone