コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コショウソウ(胡椒草) コショウソウ Lepidium sativum; garden cress; pepper grass

2件 の用語解説(コショウソウ(胡椒草)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コショウソウ(胡椒草)
コショウソウ
Lepidium sativum; garden cress; pepper grass

アブラナ科の一年草。高さ 40cmくらいになり,茎は基部で分枝する。葉は長さ3~4cm。花は小さい4弁の白花で4~5月頃に咲く。オランダガラシのような辛い味があり,欧米ではサラダ用の野菜として栽培し,また種子から食用油をとったこともある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

コショウソウ【コショウソウ(胡椒草) cress】

アブラナ科の一年草。イランからヨーロッパ南部が原産で,ここからインドシリアエジプトエチオピアに広がった。日本への最初の渡来は明らかでないが,明和初期ともいわれている。生長は早く,高さは30~60cmになる。下葉は葉柄があって,羽状複葉であるが,上葉は葉柄がなく,上にいくほど線形の単純なものとなる。花は白色,種子は淡赤褐色で,いずれも小さい。品種は分化していない。気候,土質などをとくに選ばないので栽培は容易であり,周年栽培できる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コショウソウ(胡椒草)の関連キーワード匂あらせいとうヨーロッパロシアヨーロッパポイントタカナトウナナバナノザワナルタバガカブ(蕪∥蕪菁)ラディシュ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone