コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オマキザル オマキザル Cebus; capuchin monkey

4件 の用語解説(オマキザルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オマキザル
オマキザル
Cebus; capuchin monkey

霊長目オマキザル科オマキザル属の動物の総称。体長 31~38cm,尾長もほぼ体長に等しい。ノドジロオマキザルフサオマキザルなど数種から成る。長い尾の先が巻いているのでその名がある。尾にはしっかりと物をつかむ機能はない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

オマキザル

カツラザルとも。霊長目オマキザル科オマキザル属の旧世界ザル4種の総称。頭胴長40cm前後,尾40cmほど。ノドジロオマキザルは顔,胸,肩が白く体が黒い。ナキガオオマキザルは前者に似るが顔の白い部分が少ない。
→関連項目サル(猿)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

オマキザル【capuchin】

霊長目オマキザル科オマキザル属Cebusに属する新世界ザルの総称であるが,オマキザル上科Ceboideaの,またその中からキヌザル科を除いたオマキザル科Cebidaeの総称としても使用される。オマキザル属は中南米の森林に広く分布し,類人猿にも比すべき高い知能をもったサルたちである。この属には,顔,胸,肩が白く体が黒いノドジロオマキザルC.capucinus,これに似ているが顔の白い部分が少ないナキガオオマキザルC.nigrivittatus,顔の周辺だけが白く体が黄色か褐色のシロガオオマキザルC.albifrons(イラスト),前頭部に黒い毛の房をもち体が褐色のフサオマキザルC.apellaの4種が含まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オマキザル
おまきざる / 尾巻猿

広義には哺乳(ほにゅう)綱霊長目オマキザル科に属する動物の総称で、狭義にはそのうちのオマキザル属をさす。
 オマキザル科Cebidaeは、同じ中央・南アメリカにすむマーモセット科のサルとは、身体がより大きいこと、および鉤(かぎ)づめがないことで区別される。歯式は

で36本。11属に分かれる。ヨザルAotus、ティティCallicebus、リスザルSaimiriの3属はいずれも小形で、体重は1キログラム前後。オマキザルCebus、サキPithecia、ヒゲサキChiropotes、ウアカリCacajaoの4属はより大きく、体重は2~4キログラム。このうちオマキザルを除く3属は系統的に比較的近く、サキ亜科にまとめられることがある。ホエザルAlouatta、クモザルAteles、ウーリーモンキーLagothrix、ウーリークモザルBrachytelesの4属はもっとも大形で、体重は6~11キログラムに達する。この4属はともに尾の把握力が強く、尾だけでぶら下がることができる。
 オマキザル科オマキザル属のサルは、キャプチンモンキーCapuchin monkeyあるいはカツラザルともいう。オマキザル科のなかでは中ぐらいの大きさで、体重1.1~3.3キログラム、頭胴長32~56センチメートル、体格はがっしりしている。尾は頭胴長とほぼ同長で、木の枝などに巻き付けることはできるがその把握力はクモザルやホエザルほど強くなく、尾だけでぶら下がることはできない。オマキザル属の分類はまだ混乱しているが、通常二つのグループに分ける。一つは、多数の亜種を含むが唯一種フサオマキザル(クロアタマオマキザルともいう)C. apellaにまとめられている。このグループは頭冠部前方に暗色の長い直立した毛が密に生え、この毛はしばしば二つの角(つの)のようにみえる房状をなしている。第二のグループは、頭にこのような房毛がなく、ノドジロオマキザルC. capucinus、シロガオオマキザルC. albifrons、ナキガオオマキザルC. nigrivittatusの3種を含む。オマキザル属は、中央アメリカからアルゼンチン北部まで非常に広く分布する。他のオマキザル科の多くは熱帯降雨林にのみ生息し、もっぱら樹上生活をするのに対し、この属のサルは熱帯降雨林以外のさまざまな植生環境にも生息し、地上で活動することもまれではない。オマキザル属のサルはバラエティーに富んだ食性を示し、他の新世界ザルが利用しないものも食物とする。たとえば、ヤシの実、トカゲ、カエル、鳥の雛(ひな)や卵なども食べる。オマキザルはいずれの種も、普通いわゆる複雄群タイプの集団で生活し、母系の社会構造をもつことが明らかにされている。これまでに知られる最大の集団は35頭である。[西邨顕達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オマキザルの関連キーワードクモザル尾巻猿吠猿ティティモンキーヨザル(夜猿)リスザル(栗鼠猿)オマキザル科オマキザル上科シロガオオマキザルフサオマキザル

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オマキザルの関連情報