コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワスレナグサ(勿忘草) ワスレナグサMyosotis scorpioides; forget-me-not

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワスレナグサ(勿忘草)
ワスレナグサ
Myosotis scorpioides; forget-me-not

ムラサキ科の多年草で,ヨーロッパ原産。観賞用として鉢植,花壇に栽培される。地下茎から分枝した茎は高さ 30cmぐらいとなり,下部には多くの根出葉を生じる。根出葉は長さ5~8cmの細長いへら状,有柄で白い軟毛が生えるが,上部の茎葉は小さく長楕円形で無柄である。春に,茎の頂端に総状花序を出して,下から順に花をつける。径6~8mmのるり色の小花で,花冠は5裂する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ワスレナグサ(勿忘草)【ワスレナグサ】

ヨーロッパ,アジア原産のムラサキ科の多年草であるが,秋まき一年草として扱う。茎は高さ40cm内外,5〜6月,花冠の先が5裂した小花を総状に開く。花は初め淡紅色,のちコバルト色となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ワスレナグサ【ワスレナグサ(勿忘草) forget‐me‐not】

初夏に紺碧色の花を咲かせるムラサキ科の一・二年草(イラスト)。観賞用に栽培される。高さ15cm,多数の小枝を分けて直立する。葉は長楕円形で互生し,茎頂の各葉腋(ようえき)に花梗を出して,ウメの花に似た中心黄色の合弁花をかたつむり状花序につづる。つぼみは桃色であるが,開花するとコバルト色になる。ヨーロッパ原産で,園芸品種はこのM.scorpioides L.や,アジア北部からヨーロッパに原産するエゾムラサキM.sylvatica Hoffm.から改良されたり,あるいは交雑育成されたもので,花色は桃色や白色もある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android