コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メヌケ

3件 の用語解説(メヌケの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

メヌケ

 [Sebastes matsubarae].オーシャンパーチともいう.深海に棲息する一群の海産魚の総称.50cmになる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

メヌケ

フサカサゴ科の魚のうち,深海性のオオサガコウジンメヌケとも,全長50cm),サンコウメヌケ(全長40cm),バラメヌケ(全長40cm)などの総称。いずれも体色は赤みを帯びる。
→関連項目アカウオアコウダイ(魚)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メヌケ
めぬけ / 目抜
rockfish

硬骨魚綱カサゴ目フサカサゴ科の海水魚類のうち、体が赤色の大形種の総称。深海にすんでいるので釣り上げられるとき、水圧の急激な変化のために大きな目が飛び出すことから、この名がある。ときには胃袋が反転して口から突出していることもある。おもな種類は、アコウダイアコウ)、オオサガ(コウジンメヌケ、サンコウメヌケ)、バラメヌケ(バラサガ)、アラスカメヌケ(アカウオ)、ヒレグロメヌケアラメヌケなどがある。これらのうち、アコウダイは本州中部地方からもっとも南の山口県までに、オオサガ、バラメヌケは千葉県銚子(ちょうし)から千島列島(ちしまれっとう)にかけて分布している。アラスカメヌケ、ヒレグロメヌケ、アラメヌケはそれぞれ宮城県、岩手県、千葉県銚子以北から記録されているが、おもにベーリング海、アラスカ、北アメリカ西海岸に多い。体長50~100センチメートルぐらいになり、いずれも重要魚種である。
 深場の岩礁域にすみ、深海延縄(はえなわ)、刺網(さしあみ)などで漁獲される。漁獲量はバラメヌケがもっとも多い。秋から冬にかけてが旬(しゅん)で、刺身、すし種、鍋物(なべもの)、みそ漬け、粕(かす)漬けなどにする。なお、サンコウメヌケはオオサガと同種であることが判明した。[尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メヌケの関連キーワードアコウダイカサゴメバル赤魚赤魚鯛笠子蓑笠子目抜そい目高も魚のうち

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

メヌケの関連情報