コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メヌケ

3件 の用語解説(メヌケの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

メヌケ

 [Sebastes matsubarae].オーシャンパーチともいう.深海に棲息する一群の海産魚の総称.50cmになる.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

メヌケ

フサカサゴ科の魚のうち,深海性のオオサガコウジンメヌケとも,全長50cm),サンコウメヌケ(全長40cm),バラメヌケ(全長40cm)などの総称。いずれも体色は赤みを帯びる。
→関連項目アカウオアコウダイ(魚)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メヌケ
めぬけ / 目抜
rockfish

硬骨魚綱カサゴ目フサカサゴ科の海水魚類のうち、体が赤色の大形種の総称。深海にすんでいるので釣り上げられるとき、水圧の急激な変化のために大きな目が飛び出すことから、この名がある。ときには胃袋が反転して口から突出していることもある。おもな種類は、アコウダイアコウ)、オオサガ(コウジンメヌケ、サンコウメヌケ)、バラメヌケ(バラサガ)、アラスカメヌケ(アカウオ)、ヒレグロメヌケアラメヌケなどがある。これらのうち、アコウダイは本州中部地方からもっとも南の山口県までに、オオサガ、バラメヌケは千葉県銚子(ちょうし)から千島列島(ちしまれっとう)にかけて分布している。アラスカメヌケ、ヒレグロメヌケ、アラメヌケはそれぞれ宮城県、岩手県、千葉県銚子以北から記録されているが、おもにベーリング海、アラスカ、北アメリカ西海岸に多い。体長50~100センチメートルぐらいになり、いずれも重要魚種である。
 深場の岩礁域にすみ、深海延縄(はえなわ)、刺網(さしあみ)などで漁獲される。漁獲量はバラメヌケがもっとも多い。秋から冬にかけてが旬(しゅん)で、刺身、すし種、鍋物(なべもの)、みそ漬け、粕(かす)漬けなどにする。なお、サンコウメヌケはオオサガと同種であることが判明した。[尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

メヌケの関連キーワードアコウダイオーシャンパーチメバルメヌケ(目抜)メバル

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

メヌケの関連情報