コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオミヤシ double coconut

2件 の用語解説(オオミヤシの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

オオミヤシ【double coconut】

世界最大の種子を生じることで有名なヤシ科の高木。ウミヤシとも呼び,またその特異な種子の形からフタゴヤシあるいはダブルココナッツの名もある。インド洋セーシェル諸島の原産で,1属1種である。幹は高さ30m,直径40cmに達し,基部はふくれる。葉は掌状で倒卵状ひし形,長さ4~7m,幅2~4m,浅裂し,裂片は長さ30~40cmで扇形をなし,先端は2中裂する。毎年1葉を出すという。花は雌雄異株肉穂花序は腋生(えきせい)で長さ約1m。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオミヤシ
おおみやし
Seychelles palm英語
coco de merフランス語
[学]Lodoicea maldivica Pers.

ヤシ科オウギヤシ亜科オオミヤシ属、1属1種のヤシ。インド洋西部セイシェルSeychelles諸島のプララン島特産で、約2000本が群生する。幹は単幹で直立し、高さ30メートル以下、径30~40センチメートル、幹肌に波状の環紋がある。葉は掌状葉で光沢のある緑色。1葉が出終わるのに2年を要する。小葉は長さ4~6メートル、幅3~4メートル、葉柄は長く、掌状の着生部は羽状に積み重なる。小葉裂片は披針(ひしん)形で40~50枚ある。雌雄異株。雄花は1~2メートルの褐色棒状の花序に多数のつぼみを没入状に散生し、長期にわたり少数ずつ露出して開花する。雌花は径13センチメートルの球形。ジグザグ状で軸径10センチメートルの花軸に数個のつぼみをつけ、無光沢黒褐色の萼(がく)に包まれる。そのうちの1個だけが成長し、成熟には7~8年を要する。果実は光沢の強い暗緑色で扁楕円(へんだえん)形。長さ45センチメートル、幅30センチメートル、厚さ25センチメートル、重さ30キログラムが標準。果実の中果皮は1年で完熟果大に成長するが、内果皮の完熟には7~8年かかる。種子は黒褐色、扁楕円形。長さ38センチメートル、幅35センチメートル、厚さ20センチメートルが標準。頂部から深入した溝になり、その底部(種子の上部)に胚(はい)がある。植物界最大の種子で、樹齢はヤシ科植物中最長で、雌は500年、雄は1000年といわれる。ヤシの代表的珍種で、double coconutからフタゴヤシの和名もある。栽培は多湿、30℃以上を要し、土壌は花崗岩(かこうがん)土壌がよい。[佐竹利彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オオミヤシの関連キーワード原種採種子嚢米所ビルボード仏種名水肌に粟を生じる萌やしスイカの種

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone