コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コスラエ島 コスラエとうKosrae Island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コスラエ島
コスラエとう
Kosrae Island

旧称クサイエ Kusaie島。西太平洋,カロリン諸島東端の火山島ミクロネシア連邦に属する。肥沃な土地と港に恵まれ,熱帯作物,木材を産する。風光にすぐれ,古い遺跡がある。面積 1.1km2。人口 7200 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

コスラエ‐とう〔‐タウ〕【コスラエ島】

Kosrae》太平洋西部、カロリン諸島最東端の島。ミクロネシア連邦に属する。火山島で、最高峰は標高634メートルのフィンコル山。中央部に熱帯雨林、南西部にはマングローブ林が広がるほか、レラ遺跡メンケ遺跡などがある。旧称クサイ島またはクサイエ島。コシャエ島。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コスラエ島
こすらえとう
Kosrae Island

太平洋西部、ミクロネシア中部、カロリン諸島の最東端にある火山島。太平洋でもっとも美しい島の一つといわれる。面積109平方キロメートル、人口7354(1994)。最高峰はクローツェルCrozer山(現地名フィンコルFinkol)で、標高634メートル。なお、島名は、ウアランUalan島が旧名で、クサイエKusaie島、ストロングStrong島ともいわれたが、いまはコスラエが正式名称となり、ミクロネシア連邦の一行政区コスラエ地区の主島である。1804年クローツェルが到達。東岸のレレLeleはアメリカ太平洋捕鯨の基地であった。その近くには古代の石造城壁の跡がある。[大島襄二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コスラエ島の関連キーワードナンマトール遺跡マングローブ林ミクロネシア人ニパルタックシンラコウ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android