コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コスラエ島 コスラエとう Kosrae Island

2件 の用語解説(コスラエ島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コスラエ島
コスラエとう
Kosrae Island

旧称クサイエ Kusaie島。西太平洋カロリン諸島東端の火山島。ミクロネシア連邦に属する。肥沃な土地と港に恵まれ,熱帯作物,木材を産する。風光にすぐれ,古い遺跡がある。面積 1.1km2

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コスラエ島
こすらえとう
Kosrae Island

太平洋西部、ミクロネシア中部、カロリン諸島の最東端にある火山島。太平洋でもっとも美しい島の一つといわれる。面積109平方キロメートル、人口7354(1994)。最高峰はクローツェルCrozer山(現地名フィンコルFinkol)で、標高634メートル。なお、島名は、ウアランUalan島が旧名で、クサイエKusaie島、ストロングStrong島ともいわれたが、いまはコスラエが正式名称となり、ミクロネシア連邦の一行政区コスラエ地区の主島である。1804年クローツェルが到達。東岸のレレLeleはアメリカ太平洋捕鯨の基地であった。その近くには古代の石造城壁の跡がある。[大島襄二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コスラエ島の関連キーワード北西太平洋海盆青島太平洋マラソン国際青島太平洋マラソンわくわくサイエンスアナタハン[島]コシャエ[島]インド・西太平洋生物地理区クサイ[島]《西太平洋の遠洋航海者》北西太平洋日ソ漁業委員会

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コスラエ島の関連情報