コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コッククロフト=ウォルトンの装置 コッククロフト=ウォルトンのそうちCockcroft-Walton's apparatus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コッククロフト=ウォルトンの装置
コッククロフト=ウォルトンのそうち
Cockcroft-Walton's apparatus

1個の変圧器と2n個の整流器とコンデンサを用いて,変圧器の二次側での交流最大電圧の2n倍の直流高電圧をつくる装置。 1932年 J.コッククロフトと E.ウォルトンはこの装置で約 600kVを得て陽子を加速し,初めて人工的に得た入射粒子原子核反応の実験を行なった。電圧は 500kV前後のものが多く,原子核研究の範囲は制限されるが,高速中性子発生装置や高電圧試験器など,核物理および工業用として現在でも広く利用されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のコッククロフト=ウォルトンの装置の言及

【加速器】より

…これに対し,まずJ.コッククロフトとE.ウォルトンが考案した静電加速器(コッククロフト型加速器。コッククロフト=ウォルトンの装置ともいう)が実用化され,1932年にはこの装置で加速した陽子を用い,初めての人工的に加速した粒子による原子核破壊の実験に成功した(コッククロフト=ウォルトンの実験と呼ばれる)。45年ごろまでにはこのほか,バン・デ・グラーフ型加速器(1931),サイクロトロン(1930),線形加速器(1931ころ),ベータトロン(1940),シンクロトロン(1945)などの各種の加速器が考案され,これらが今日の加速器の基礎となったが,著しい進歩をもたらしたのは第2次世界大戦後急速に発達した電波工学,エレクトロニクス,真空技術,材料工学などである。…

※「コッククロフト=ウォルトンの装置」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コッククロフト=ウォルトンの装置の関連キーワード静電高圧発生装置コンデンサ加速器整流器

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android