コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コモのドゥオーモ コモのドゥオーモ

世界の観光地名がわかる事典の解説

コモのドゥオーモ【コモのドゥオーモ】

イタリア北西部のミラノ(Milano)近郊、古くからの高級シルクの産地で、コモ湖の観光拠点となっている、中世の佇まいの残る町コモ(Como)中心部にあるドゥオーモ(大聖堂)。この建物は、マエストリ・コマチーニ(コモの親方たち)と呼ばれた技術者集団により、1396年に着工した。彼らはその技術を秘伝として各地を渡り歩きながら、ロマネスク様式の時代を切り開いたといわれる。1770年、この建物はクーボラ(丸屋根)を載せることで完成した。ドゥオーモの前には、その名どおり、ドゥオーモ広場があり、旧市庁舎などの建物がある。また、広場には小さな回廊があり、おしゃれな商店やレストランが軒を連ねている。◇「ドゥオーモ(duomo)」は「神の家」という意味のラテン語を語源とするイタリア語。司教座のある大聖堂(カテドラーレ、Cattedrale)を「ドゥオーモ」と呼ぶところがあり、イタリアには数え切れないぐらいのドゥオーモと呼ばれる大聖堂がある。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

コモのドゥオーモの関連キーワードガレリア-ビットリオ-エマヌエレ2世ミラノ・コレクションミラノ大聖堂ミラノ四重奏曲ミラノ大聖堂ミラノの奇蹟ミトサンタマリアデレグラツィエ教会ジュリエッタの家ベルガモのサンタマリアマッジョーレ教会

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android