コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コモのドゥオーモ コモのドゥオーモ

1件 の用語解説(コモのドゥオーモの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

コモのドゥオーモ【コモのドゥオーモ】

イタリア北西部のミラノ(Milano)近郊、古くからの高級シルクの産地で、コモ湖の観光拠点となっている、中世の佇まいの残る町コモ(Como)中心部にあるドゥオーモ(大聖堂)。この建物は、マエストリ・コマチーニ(コモの親方たち)と呼ばれた技術者集団により、1396年に着工した。彼らはその技術を秘伝として各地を渡り歩きながら、ロマネスク様式の時代を切り開いたといわれる。1770年、この建物はクーボラ(丸屋根)を載せることで完成した。ドゥオーモの前には、その名どおり、ドゥオーモ広場があり、旧市庁舎などの建物がある。また、広場には小さな回廊があり、おしゃれな商店やレストランが軒を連ねている。◇「ドゥオーモ(duomo)」は「神の家」という意味のラテン語を語源とするイタリア語。司教座のある大聖堂(カテドラーレ、Cattedrale)を「ドゥオーモ」と呼ぶところがあり、イタリアには数え切れないぐらいのドゥオーモと呼ばれる大聖堂がある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コモのドゥオーモの関連キーワードミラノイタリアンカジュアルナビリオバッレダオスタビラ・オルモラ・ピーニャリグリアロンバルディア平原ミラネーズミラノ風

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone