コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コリンソス地峡 コリンソスちきょうIsthmós Korínthou

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コリンソス地峡
コリンソスちきょう
Isthmós Korínthou

ギリシア本土とペロポニソス半島を結ぶ地峡。現在はコリント運河 (6.3km) が開かれ,西のコリンシアコス湾と東のサロニコス湾を結ぶ。著しい断層作用を受けた石灰岩からなり,中央部は標高約 90mの荒れた高台となっている。薄い土壌に覆われ,わずかにコムギオオムギ,ブドウなどが栽培されるほかは,低木やマツ林が散在するにすぎない。古代ギリシアには船は滑り道(ディオルコス)を引かれて地峡部を越えたが,しばしば運河の開削が計画され,67年にはローマ皇帝ネロにより実際に開削が開始された。現在のコリント運河が開通したのは 1893年で,これによりアドリア海からアテネの外港ピレエフスにいたる行程は 320km以上短縮された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

コリンソス‐ちきょう〔‐チケフ〕【コリンソス地峡】

Isthmos tis KorinthouΙσθμός της Κορίνθου》⇒コリント地峡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

コリンソス地峡の関連キーワードコリンソス

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android