コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コリント地峡 コリントチキョウ

デジタル大辞泉の解説

コリント‐ちきょう〔‐チケフ〕【コリント地峡】

Isthmos tis KorinthouΙσθμός της Κορίνθου》ギリシャ南部の都市コリントの郊外にある、ギリシャ本土とペロポネソス半島を結ぶ地峡。古代ギリシャ時代にはイストモス(地峡)と呼ばれ、交通の要衝として古代都市コリントの繁栄を支えた。1893年にコリント運河が完成し、コリント湾とサロニコス湾(テルマイコス湾)が結ばれた。コリントス地峡コリンソス地峡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コリント地峡
こりんとちきょう
Ithmos Korinthou

ギリシア南部、ギリシア本土とペロポネソス半島とを結ぶ地峡。英語名Isthmus of Corinth。古代から交通の要衝で、紀元後67年にはローマ皇帝ネロも運河建設に着手している。1893年にコリント運河が完成し、コリント湾とテルマイコス湾(サロニカ湾)とが結ばれるようになった。南岸東部のイスミア近くに古代の聖地の跡が残る。西側に古来、交通と商業で栄えたコリント市がある。[真下とも子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コリント地峡の関連キーワードコリント(都市国家)イストモス地峡ペルシア戦争コリント遺跡エリコン山メガラシニス

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android