コルシカ[島](読み)コルシカ

百科事典マイペディアの解説

コルシカ[島]【コルシカ】

コルスCorse島とも。イタリアの西方約85km,地中海上にあるフランス領の島。南はボニファシオ海峡を隔ててサルデーニャ島に対する。山がちで最高峰はチント山(2706m)。西部は花コウ岩質で海岸に断崖,奇勝が多く,東部の海岸はなだらかである。地中海式気候。山地はマキmaquisと呼ばれる特有の低木地帯で,古く山賊の隠れ家として知られ,第2次大戦中,抗独レジスタンスの拠点となった。またナポレオンの出身地としても知られる。産業は,ブドウ酒,かんきつ類・野菜栽培,羊の飼養が中心。観光収入も大きい。中西部のスカンドラ自然保護区などは1983年世界自然遺産に登録された。 紀元前のギリシア人,ローマ人の植民をへて,中世にはイスラム教徒,ピサ,ジェノバの支配をうけた。1284年には全島がジェノバの支配下に入ったが,コルシカ人の反乱は絶えず,1768年にはフランスに譲渡された。こうした歴史から,イタリアの文化的影響力が強く,土着の言語であるコルシカ語もトスカナ語に近いといわれる。しかしその使用者はフランス支配に入ってから減少している。道義的な信頼関係で結ばれたコルシカ独特の一族を〈クランclan〉といい,政治,経済,社会生活全般に大きな影響力をもっている。その勢力範囲は島を南北に2分する県,オート・コルス(県都バスティア)とコルス・デュ・シュド(県都アジャクシオ)に相当する。経済的にはフランスでもっとも遅れており,人口流出も問題となっている。1960年代ころから,フランス中央集権への異議と経済格差の是正を掲げる地域主義運動が続いた。1970年代以降は,分離独立をめざす民族主義組織も現れ,テロがくりかえされている。1982年にはコルシカに地域議会をおくことなどを定めたコルシカ特別法が制定された。8680km2。30万5674人(2009)。
→関連項目バスティアポルト湾リージョナリズム

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コルシカ[島]【Corsica】

地中海にあるフランス領の島。フランス名コルスCorse。面積8722km2,人口25万(1993)。オート・コルス県(県都バスティアBastia)とコルス・デュ・シュド県(県都アジャクシオ)の2県からなる。コルシカはフランスのいくつかの地域のなかで非常に強い個性を持った地域の一つである。地中海の北部サルデーニャ島の北に,ボニファチオ海峡を隔てて位置する島からなるというその島嶼(とうしよ)性だけによるのではない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のコルシカ[島]の言及

【ジェノバ】より

…10世紀には市壁が築造され,周辺農村からこれらの貴族層が都市へ移住した。彼らは船団を仕立ててイスラム海軍と戦いつつ,コルシカ,サルデーニャなどへ勢力を拡大した。1100年,十字軍救援のための船団が出港する際に,都市内の平和を維持するための誓約団体compagna communisが結成されたが,これが後に都市の自治組織に発展した(コムーネ)。…

【パーオリ】より

…コルシカの愛国者,政治家。ジェノバのコルシカ支配に抵抗して独立運動を進めた父ジャチントとともに1739年ナポリに亡命。…

【マキ】より

…〈しみ〉〈斑点〉を意味するラテン語に由来し,フランスでは地中海沿岸,とくにコルシカ島の密な低木林を指す。イタリアでもやぶや灌木の密生地をマッキアmacchiaと呼ぶ。…

※「コルシカ[島]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android