コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルデー Marie Anne Charlotte Corday d’Armont

2件 の用語解説(コルデーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コルデー【Marie Anne Charlotte Corday d’Armont】

1768‐93
フランス革命期にJ.P.マラを暗殺した女性。コルネイユの子孫としてノルマンディーに生まれ,はじめはフランス革命に同感していたが,1793年に,国王の処刑とジロンド派の追放によって革命の進行に疑念を抱き,ジロンド派に同情して,恐怖政治の指導者マラの殺害を志した。同年7月,パリに出て,自宅で入浴中のマラを刺殺し,直ちに逮捕され,同月処刑された。【遅塚 忠躬】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コルデー
こるでー
Marie-Anne-Charlotte Corday d'Armont
(1768―1793)

フランスの女性で、革命時代の山岳派の指導者マラーの暗殺者。ロンスレーの農家に生まれる。劇作家コルネイユの姪(めい)の孫。経歴の詳細は不明。王党派だったとも、自由を情熱的に愛したともいわれるが、ジロンド派の没落に心から同情し、山岳派の独裁志向に憤激し、その元凶こそマラーだと信じ込んだ。1793年7月パリに出、地方の反革命派についての情報提供を理由にマラーに面会を求め、7月13日入浴中のマラーを短刀で刺殺。4日後、革命裁判所によって死刑の判決を受け、ギロチン上で刑死した。マリ・アントアネット、ロラン夫人と並んでフランス革命中の女性として名をとどめる。[樋口謹一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コルデーの関連キーワードペインギゾーコレージュ三色旗市民革命タレーランフランス革命ルフェーブル第一共和制フランス革命広場

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コルデーの関連情報