コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルビザール コルビザール Corvisart des Marets, Jean Nicolas

2件 の用語解説(コルビザールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コルビザール
コルビザール
Corvisart des Marets, Jean Nicolas

[生]1755.2.15. エーヌ,ドリクール
[没]1821.9.18. パリ
フランスの医学者で近代心臓病学の創始者。ナポレオン1世の侍医をつとめた。胸部疾患の診断に L.アウエンブルガーの打診法が欠くべからざる手段であることを世に知らせ,それを改良し,普及させた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コルビザール
こるびざーる
Jean Nicolas Corvisart des Marest
(1755―1821)

フランスの内科医。打診法の推進者。パリのオテル・ディユ病院で、外科医ドソーPierre Joseph Desault(1738―1795)の指導を受け、1788年にシャリテ病院に入り、内科を専攻した。数年後に内科主任となり、コレージュ・ド・フランスの教授に任ぜられた。患者の死後剖検を重要視し、1806年に、研究の成果『心臓と大血管の疾患とその傷害』Essai sur les maladies et les lsions organiques du curを出版した。打診法の発見者、ウィーン医学派のアウエンブルッガーの優れた業績に魅せられ、その著『新しい発見』Inventum Novumをフランス語訳し、それに注釈を加えて1808年に完成させた。聴診器の発明者ラエネクをはじめ、多くの優秀な後進を育てたが、コルビザールの推進した打診法は聴診法と相まって、有力な診断法となり、ますます普及するようになった。1807年にナポレオン1世の侍医に任ぜられ、皇帝の絶大な信頼を受け、1808年男爵、1816年には王立医学アカデミー名誉会員に推された。[古川 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コルビザールの関連キーワードエードリアンLSANAA酢取りTALエフェクターヌクレアーゼエーグランティーヌシェフ テリーヌタイプラ・ロクスラーヌエーヌ・ファン・ギゼゲムドリーヌ,P.

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone