コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルビザール Corvisart des Marets, Jean Nicolas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コルビザール
Corvisart des Marets, Jean Nicolas

[生]1755.2.15. エーヌ,ドリクール
[没]1821.9.18. パリ
フランスの医学者で近代心臓病学の創始者。ナポレオン1世の侍医をつとめた。胸部疾患の診断に L.アウエンブルガー打診法が欠くべからざる手段であることを世に知らせ,それを改良し,普及させた。弟子に聴診器を発明した R.ラエネックがいる。慢性肥大性心筋炎はコルビザール病,心不全でみられる赤い頬,蒼白な唇,鋭い目つきなど特有な顔つきはコルビザール顔と彼の名をつけて呼ばれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コルビザール
こるびざーる
Jean Nicolas Corvisart des Marest
(1755―1821)

フランスの内科医。打診法の推進者。パリのオテル・ディユ病院で、外科医ドソーPierre Joseph Desault(1738―1795)の指導を受け、1788年にシャリテ病院に入り、内科を専攻した。数年後に内科主任となり、コレージュ・ド・フランスの教授に任ぜられた。患者の死後剖検を重要視し、1806年に、研究の成果『心臓と大血管の疾患とその傷害』Essai sur les maladies et les lsions organiques du curを出版した。打診法の発見者、ウィーン医学派のアウエンブルッガーの優れた業績に魅せられ、その著『新しい発見』Inventum Novumをフランス語訳し、それに注釈を加えて1808年に完成させた。聴診器の発明者ラエネクをはじめ、多くの優秀な後進を育てたが、コルビザールの推進した打診法は聴診法と相まって、有力な診断法となり、ますます普及するようになった。1807年にナポレオン1世の侍医に任ぜられ、皇帝の絶大な信頼を受け、1808年男爵、1816年には王立医学アカデミー名誉会員に推された。[古川 明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コルビザールの関連キーワードリスボン忠海鶴屋南北ワルシャワ大学アディソン・ウェスリー・ロングマン怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)カント(Immanuel Kant)七年戦争政治経済論フランクリン(Benjamin Franklin)

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android