コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コレクティブハウス collective house

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コレクティブハウス
collective house

家事や育児などを共同で行うことを前提にしてつくられた都市型の集合住宅。台所や食事室,洗濯室,子供の遊び場など共用空間が設けられ,入居者間のコミュニティ重視がはかられている。スウェーデンでは公営住宅にもこのタイプが用意されている。高齢者や単身者,子供をかかえる共働き夫婦などさまざまな世帯が,それぞれ自分たちの出せる労力や資力を持寄ることで個人の家事負担をうまく軽減し合い,豊かな人間関係と共同社会を築こうというものである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

コレクティブハウス

スウェーデンに多く見られる、共同生活を営む集合住宅。共同の食堂や保育室などを持つが、それぞれの住宅は各戸に台所、浴室、トイレを備えた独立したもので、いわゆる寮とは異なる。日本でも共働き世帯や高齢単身者などの増加を背景として、保育の分担や仲間同士の触れ合いを求め、2003年に本格的な実例が東京・日暮里で完成。デンマークや米国などでは、同様な住まいをコウハウジング(cohousing)と呼ぶ。

(小林秀樹 千葉大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

コレクティブ‐ハウス(collective house)

集合住宅の形態の一。独立した居住スペースの他に、居間や台所などを共同で使用できるスペースを備えたもの。住民同士の交流や、子育て・高齢者などの生活支援に有効とされる。コレクティブハウジングコレクティブ住宅

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

コレクティブハウス

collective+house〕
私生活の領域とは別に共用空間を設け、食事・育児などを共にすることを可能にした集合住宅。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

コレクティブハウス

複数家族の個々の住空間のほかに、共同で家事や育児ができる共用空間のある集合住宅。高齢者・共働き夫婦・単身者などが共に暮らすことで、家事の負担を軽減し、より豊かな交流を可能にするとされる住居形態。◇和製語。コレクティブ(collective)+ハウス(house)。

出典|講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について | 情報

コレクティブハウスの関連キーワード知的障害者の共同生活

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コレクティブハウスの関連情報