コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コレンス コレンス Correns, Carl Erich

3件 の用語解説(コレンスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コレンス
コレンス
Correns, Carl Erich

[生]1864.9.19. ミュンヘン
[没]1933.2.14. ベルリン
ドイツの植物学者,遺伝学者。ミュンヘン大学に学び,C.ネーゲリに師事。テュービンゲン大学講師 (1892~1902) ,ライプチヒ大学助教授 (02~09) ,ミュンスター大学教授 (09~14) を経て,1914年にベルリンのカイザー・ウィルヘルム生物学研究所の初代所長となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コレンス

ドイツの植物遺伝学者。ミュンヘン大学卒。ミュンスター大学教授,カイザー・ウィルヘルム研究所長を歴任。トウモロコシエンドウを用いて遺伝の実験を行い,1900年ド・フリース,チェルマックと同時にいわゆるメンデルの法則の再発見をした。
→関連項目チェルマク

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コレンス
これんす
Carl Franz Joseph Erich Correns
(1864―1933)

ドイツの植物遺伝学者。ミュンヘン大学で植物細胞学者ネーゲリに師事し、のちにチュービンゲン大学教授、ミュンスター大学教授、カイザー・ウィルヘルム生物学研究所長(現、マックス・プランク研究所)などを歴任。1899年、トウモロコシとエンドウで遺伝を研究しているうちに、遺伝には規則性がみられることを発見した。その数週間後にメンデルの論文を読み、すでにメンデルが自分と同じ遺伝法則を発見していたことを知った。同じころ、オランダド・フリースオーストリアチェルマクメンデルの法則を再発見し、1900年にそれぞれ論文を発表した。近代的な遺伝学は、このメンデルの法則の再発見を出発点とする。[真船和夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コレンスの関連キーワードミュンヘン会談ニューミュンヘンミュンヘン室内管弦楽団ミュンヘン・スーパー12ミュンヘン・バッハ管弦楽団ミュンヘン・プロ・アルテ室内管弦楽団ミュンヘン放送管弦楽団ミュンヘンマラソンミュンヘン・バレエ団ミュンヘンビール

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コレンスの関連情報