コロとその港(読み)コロとそのみなと

世界遺産詳解の解説

1993年に登録、2005年に登録内容が変更されたベネズエラの世界遺産(文化遺産)で、カラカスの西北西320kmの沿岸に位置するファルコン州の州都。16世紀にスペイン最初の植民都市の一つになり、その後、スペイン国王カルロス1世から開拓権を購入したドイツの商家、ウィンザー家がここを支配した。砂糖貿易の拠点として発展したが、他の南米諸都市がゴールドラッシュなどで栄えると衰退した。対岸のアンティル諸島がオランダ領だったためにその影響も受け、コロにはスペインのムデハル様式と先住民の様式に加えて、オランダのバロック様式が融合した約600の歴史的建造物が残っている。かつてコロの玄関口だったラ・ベラ港は、小さな漁港として細々と生き残っている。2004年11月~2005年2月の豪雨により、2005年、危機遺産リストに登録された。◇英名はCoro and its Port

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android