コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コロンナ Colonna, Sciarra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コロンナ
Colonna, Sciarra

[生]?
[没]1329
中世イタリアのローマ名門貴族。地位を奪われ破門されたローマ教皇ボニファチウス8世と敵対し,1303年アナーニ滞在中の教皇を幽閉した。神聖ローマ皇帝ルートウィヒ4世の支持者であった。

コロンナ
Colonna, Stefano

[生]?
[没]1348/1350. ローマ
中世イタリアのローマ名門貴族。ボローニャ統治者 (1289) 。ペトラルカの友人として知られる。ローマ教皇ボニファチウス8世オルシニ家と対立し,神聖ローマ皇帝ハインリヒ7世やアンジュー家のロベールらと緊密な関係をもった。

コロンナ
Colonna, Vittoria

[生]1490. マリノ
[没]1547.2.25. ローマ
イタリアの女流詩人。ナポリ王国の高官の娘として生れ,ペスカラ侯夫人となった。ペトラルカ風の宗教詩や恋愛詩を書いたが,詩人としてよりミケランジェロとの交友で知られた。晩年はベネディクト派の修道院で過した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コロンナ
ころんな
Vittoria Colonna
(1490―1547)

イタリアの女流詩人。ローマ近郊に生まれる。19歳でペスカーラ侯に嫁ぐが、早くに死別し、その悲しみをペトラルカ風の『詩集』(1558死後刊)につづった。他方、宗教改革運動に関心をもち、ミケランジェロの憧憬(しょうけい)の人としても知られ、後年、ルネサンス期の最良の婦人の一人としてブルクハルトに称賛された。高貴で誠実な人柄は、1892年に至って刊行された『書簡集』に詳しい。[鷲平京子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

コロンナの関連キーワードボニファティウス(8世)コラ・ディ・リエンツォベネディクツス11世モンテフェルトロ家カリクスツス3世アール・ヌーボーヨハネス22世マルチヌス5世イスキア[島]ペトラルカ主義フォロロマーノアナーニ事件ローマ(市)ブルクハルトコロンナ宮殿カエターニ家アンジューコロンナ家カラーラノガレ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android