コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コロンボ会議 コロンボかいぎColombo Conference

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コロンボ会議
コロンボかいぎ
Colombo Conference

セイロン (現スリランカ) の J.コテラワラ首相の提案で,1954年4月 28日~5月2日,同国の首都コロンボで開かれた東南アジア首相会議。インド,セイロンインドネシア,パキスタン,ビルマ (現ミャンマー) の5ヵ国の首相が参加し,インドシナ戦争の早期停止とインドシナ3国の完全独立,植民地主義反対,特にモロッコとチュニジアの独立を支持,中華人民共和国の承認,原水爆の禁止,民主主義の擁護と外国干渉の排除などを強調する共同宣言を発表した。この結果,直接的には,同じ頃開かれていたジュネーブ極東平和会議に対し,アジアの意向として強く影響を与え,インドシナ休戦協定の成立に大きく貢献し,アジア諸国の団結による行動力を世界に示した。コロンボ会議参加5ヵ国は,インドを先頭とした反植民地主義,民族主義的立場を取る「コロンボ・グループ」を形成し,その後,55年のアジア=アフリカ会議の開催を実現する原動力となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

コロンボ会議【コロンボかいぎ】

1954年4月,ビルマ,インド,インドネシア,セイロン(現スリランカ),パキスタン各国首相がコロンボに集まり,インドシナ戦争の早期終結,核兵器使用禁止,中国の国連加盟アジア・アフリカ会議開催などを宣言した会議。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

コロンボ会議の関連キーワードピアソン(Lester B. Pearson)東南アジア史(年表)ウ・タン・シェインローエイシアピアソン