コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コロービン コロービン Korovin, Konstantin Alekseevich

2件 の用語解説(コロービンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コロービン
コロービン
Korovin, Konstantin Alekseevich

[生]1861.11.23. モスクワ
[没]1939. パリ
ロシアの画家,舞台美術家印象派の影響を受け,「芸術のための芸術」を主張した。ボリショイ劇場などで舞台美術を担当。モスクワ美術アカデミー教授,ペテルブルグ美術アカデミー名誉会員。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コロービン
ころーびん
Константин Алексеевич Коровин Konstantin Alekseevich Korovin
(1861―1939)

ロシアの画家。モスクワの絵画・彫刻・建築学校でサブラーソフとポレノフに学び、のちペテルブルグの美術アカデミーにも学んだ。またマーモントフの私立ロシア歌劇場やボリショイ劇場の舞台装置も担当した。母校でも教え、弟子たちのなかにはゲラシモフ、クズネツォフ、マシュコフ、ユオンらがいる。革命後の1923年に亡命、パリで没した。おもな作品に『パリの朝』『パリのカフェ』『カフェ』『パリの並木道』『パリの夕暮れ』『イタリア通り』などがある。いかにもパリを愛した画家にふさわしい画題である。ロシアでは主としてクリミアを描き、『クリミアの海岸』『セバストポリ湾』『花市場、グルズーフ』など。ロシアの印象派を代表する画家であった。[木村 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コロービンの関連キーワードモスクワ宣言モスクワ芸術座・モスクワ藝術座モスクワ5000モスクワ国際平和マラソンモスクワ室内管弦楽団モスクワ・シンフォニック・カペレモスクワ・ソロイスツモスクワを占領せよモスクワ・ヴィルトゥオージモスクワ・シティー・バレエ団

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone