コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンク Conques

世界大百科事典 第2版の解説

コンク【Conques】

フランス南部,アベーロン県,ウーシュ峡谷に沿う小村。人口約500。4世紀以来祈禱堂が建てられたが,11世紀よりベネディクト会修道院として再建された。この地にもたらされたフィデスの聖遺物を慕って群衆が集まり,サンチアゴ・デ・コンポステラに至る巡礼路の欠かせぬ宿駅として11~13世紀に最もにぎわった。サント・フォア(聖女フィデス)教会(1050‐1130ころ)は,内陣に安置された聖遺物を巡る周歩廊と,各祭室に信徒が容易に近づくことができるよう工夫された放射状祭室をもち,身廊と内陣の周囲に階上廊を設けるという大規模な建築で,ロマネスク期の各地方様式を超えて共通に存在していた巡礼路教会形式を示す。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

コンク【conc.】

〔concentrated の略〕
「濃縮した」の意。 「 --ジュース」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

コンクの関連キーワードサンティアゴ・デ・コンポステラ大聖堂ルイス(Pierre Louys)サンチアゴ・デ・コンポステラコンクリートバイブレーター鉄骨鉄筋コンクリート造建築イザベル・ファン クーレンプレストレストコンクリートプレキャストコンクリートプレパックドコンクリート鉄骨鉄筋コンクリート構造アレクサンドル コブリン鉄筋コンクリート造建築鉄骨鉄筋コンクリート造グランドコンクリート鉄筋コンクリート構造ルーク プリチャードアンナ マリコヴァ鉄筋コンクリート造ピエール ルイスポール ガレッド

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android