コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンク コンク Conques

3件 の用語解説(コンクの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

コンク(Conques)

フランス南部、ミディピレネー地方、アベイロン県の町。ルピュイサンティアゴ‐デ‐コンポステラを結ぶ巡礼路にある。11世紀から12世紀にかけて建造されたサントフォア教会をはじめ、中世の面影を残す美しい家並みで知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

コンク【Conques】

フランス南部,アベーロン県,ウーシュ峡谷に沿う小村。人口約500。4世紀以来祈禱堂が建てられたが,11世紀よりベネディクト会修道院として再建された。この地にもたらされたフィデスの聖遺物を慕って群衆が集まり,サンチアゴ・デ・コンポステラに至る巡礼路の欠かせぬ宿駅として11~13世紀に最もにぎわった。サントフォア(聖女フィデス)教会(1050‐1130ころ)は,内陣に安置された聖遺物を巡る周歩廊と,各祭室に信徒が容易に近づくことができるよう工夫された放射状祭室をもち,身廊と内陣の周囲に階上廊を設けるという大規模な建築で,ロマネスク期の各地方様式を超えて共通に存在していた巡礼路教会形式を示す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

コンク【conc.】

〔concentrated の略〕
「濃縮した」の意。 「 --ジュース」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コンクの関連キーワードツーロン南欧アベプレボーインストアベーカリーサナリーシュルメール

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コンクの関連情報