コンスタント ランバート(英語表記)Constant Lambert

20世紀西洋人名事典の解説

コンスタント ランバート
Constant Lambert


1905.8.23 - 1951.8.21
英国の作曲家,指揮者,批評家
ロンドン生まれ。
在学中からディアギレフに才能を認められ、そのバレエ・リュッスに「ロミオとジュリエット」(’26年)などのバレエ音楽を作曲する。1930年カマルゴ協会(バレエ団)指揮者、’31〜47年サドラーズ・ウェルズ・バレエ団音楽監督においてバレー指揮者としての手腕を発揮、また数多くの編曲も手がける。主な作品には「リオ・グランデ」(’29年)、バレエ音楽「天宮図」(’37年)、映画音楽「アンナ・カレーニナ」の他、著書「現代音楽論」(’34年)がある。巧みな対位法の扱いとジャズの語法を採用した点が特徴。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

コンスタント ランバート

生年月日:1905年8月23日
イギリスの作曲家,指揮者,音楽評論家
1951年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android