コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンス コンスKhonsu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンス
Khonsu

古代エジプトの神。アモンの息子。アモン,ムーとともにテーベ3神の一つで月の神。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

コンス

古代エジプトの月神。アモンムートの息子としてテーベの三柱神群をなす。同神に献じられたカルナック神殿は有名。月球を戴く鷹頭の姿で表される。
→関連項目ルクソル神殿

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

コンスの関連キーワードコンストラクターズチャンピオンシップセルギウス[コンスタンチノープル]デストゥールネル・ド・コンスタンデストゥルネイユ・ド・コンスタングレゴリオス(ナジアンゾスの)エウセビオス[ニコメディアの]コンスタンティノープル公会議コンスタンティヌス(1世)コンスタンティヌス(4世)コンスタンティヌス帝寄進状デフォルトコンストラクタアンテミウス[トラレス]ミカエル・ケルラリオスミハエル・ケルラリオスコピーコンストラクターコンスタンチノープルリコンストラクションキュリロス・ルカリスカスタモニトゥ修道院コンスタンチヌス2世

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コンスの関連情報