コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンス Khonsu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンス
Khonsu

古代エジプトの神。アモンの息子。アモン,ムーとともにテーベ3神の一つで月の神。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

コンス

古代エジプトの月神。アモンムートの息子としてテーベの三柱神群をなす。同神に献じられたカルナック神殿は有名。月球を戴く鷹頭の姿で表される。
→関連項目ルクソル神殿

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

コンスの関連キーワードセルギウス[コンスタンチノープル]デストゥルネイユ・ド・コンスタンデストゥールネル・ド・コンスタングレゴリオス(ナジアンゾスの)エウセビオス[ニコメディアの]コンスタンティノープル公会議コンスタンティヌス帝寄進状コンスタンティヌス(1世)コンスタンティヌス(4世)デフォルトコンストラクタコピーコンストラクターミカエル・ケルラリオスミハエル・ケルラリオスカスタモニトゥ修道院コンスタンチノープルコンスタンチヌス2世リコンストラクションキュリロス・ルカリス匿名コンストラクタニコラウス[1世]

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コンスの関連情報