コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

株式合資会社 かぶしきごうしがいしゃ

4件 の用語解説(株式合資会社の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

株式合資会社
かぶしきごうしがいしゃ

無限責任社員有限責任株主とからなる会社。無限責任社員は会社債務について会社債権者に対し直接無限の責任を負うが,株主は直接責任を負わず,会社に対する出資義務だけを負う。その複雑な二元組織のために実効性が低く,日本ではその数がきわめて少なかったので,1950年の商法改正により廃止された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かぶしきごうし‐がいしゃ〔かぶシキガフシグワイシヤ〕【株式合資会社】

出資額を限度とする有限責任を負う株主と、会社の業務を執行し会社を代表して無限責任を負う社員からなる会社。昭和25年(1950)の商法改正で廃止。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かぶしきごうしかいしゃ【株式合資会社】

無限責任社員と株主とにより構成される会社。日本でも,かつて商法上の会社の一種として認められていたが,実務上利用されることがきわめてまれであったため,1950年の商法改正によりこの制度は廃止された。ヨーロッパでは,現在もこの会社制度を認める立法例も多い(ドイツ等)。【森本 滋】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かぶしきごうしがいしゃ【株式合資会社】

無限責任社員と株主とで組織される会社。無限責任社員が業務執行を行うという合資会社の特色と、資本集中に便利な株式会社の特色とをもっていたが、1950年(昭和25)商法改正で廃止。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

株式合資会社の関連情報