コンパイラー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

コンパイラー

CやJavaなどの高級言語によるプログラミングで、ソースコードオブジェクトコードに変換するソフトウェア。高級言語で記述したソースコードは、人間の言葉に近い文法で記述されており、そのままではコンピューターは理解できない。そこで、コンパイラーを使って、機械語のオブジェクトコードに変換する。コンパイラーで変換することをコンパイルという。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

コンパイラー(compiler)

《編集者の意》コンピューターで、人間が理解しやすい言語や数式で記述されたプログラムを、コンピューターが直接解読して実行できる機械語に変換する翻訳プログラム。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

コンパイラー

人間に理解しやすいプログラム言語(高水準言語)を使って書かれたプログラムを,コンピューターが直接実行できる形式やコンピューター上の仮想機械によって実行される中間言語などに翻訳処理をするソフトウェアのこと。翻訳系ともよばれる。また,その翻訳処理をコンパイルという。プログラムを,そのつど解釈・実行するインタープリターと比較すると,コンパイルされたプログラムのほうが一般的に高速である。コンパイラー方式で代表的な言語はC,C++,中間言語方式ではJavaSmalltalkがある。
→関連項目ALGOL高水準言語COBOL

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

コンパイラー【compiler】

コンピューターで、コンパイラー言語で記述されたソース-プログラムを、オブジェクト-プログラムに変換するためのプログラム。 → インタープリター

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のコンパイラーの言及

【言語処理系】より

…今日では,さまざまなタイプのプログラミング言語とコンピューターに対し,効率のよい言語処理系が用意されている。 プログラムから機械語への翻訳処理を行う言語処理系をコンパイラー,プログラムを直接に解釈実行する言語処理系をインタプリターという。特定のコンピューターの機械語とは無関係に,中間言語と呼ばれる仮想的な命令言語を設計し,コンパイラーが中間言語に翻訳し,インタプリターが中間言語を直接に解釈実行する中間言語方式も広く行われている。…

※「コンパイラー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android