コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンフリクト・マネジメント コンフリクト マネジメント

1件 の用語解説(コンフリクト・マネジメントの意味・用語解説を検索)

人事労務用語辞典の解説

コンフリクト・マネジメント

コンフリクト(conflict)とは、「意見や利害の衝突、葛藤、対立」といった概念を意味する言葉。組織運営においてネガティブに評価されがちなこうした状況を、組織の活性化や成長の機会と捉え、積極的に受け入れて問題解決を図ろうとする考え方を「コンフリクト・マネジメント」と呼びます。コンフリクトを戦略的に活用することで、組織内のコミュニケーション人間関係が強固になったり、異なる意見を集約する過程で新しいアイデアが生まれたりするなど、組織にとって多くのメリットが期待できます。
(2011/5/30掲載)

出典|『日本の人事部』
Copyright © 2004- 2009 iQ. Co., Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コンフリクト・マネジメントの関連キーワードフリクエンシーダンフリース葛藤(コンフリクト)ストリクトノンフリート契約振り籤コンタクトフリーザーチャネル・コンフリクトハンフリー系列

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コンフリクト・マネジメントの関連情報