コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンボ コンボcombo

翻訳|combo

6件 の用語解説(コンボの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンボ
コンボ
combo

ジャズにおける3人ないし8~9人ぐらいまでの小編成の楽団。 small combinationを語源とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

コンボ(combo)

三人から八人くらいまでの小編成のジャズ楽団。
組み合わせ。一組みにしたもの。「コンボメニュー」

コンボ【Combo】[combined charging system]

コンバインドチャージングシステム」の略。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

コンボ

小編成small combinationの短縮語で,1930年代から主にジャズ用語として使用されてきた。一般的に,バンドよりは小編成の器楽グループをさす。普通,トリオ三重奏)からオクテット(八重奏)までの編成をいい,それ以上のものはビッグコンボまたはスモール・バンドと呼んだりする。
→関連項目ジャズ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コンボ
こんぼ
combo

ジャズ用語。大編成のバンドに対する小編成のジャズ・グループのこと。スモール・グループともいい、コンビネーションcombinationに由来する。3人編成(トリオ)から8人編成(オクテット)ぐらいのものが多いが、8人くらいのものはビッグ・コンボとよぶ。1930年代の末ごろから使われ始め、レコーディングのための特別編成のコンボが注目されるようになり、40年代前期からジャズの主流をなしてきた。[青木 啓]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のコンボの言及

【ジャズ】より

…そのためスウィング時代を通してファンを画期的に増していたダンス音楽としてのジャズは,鑑賞音楽への道を歩むことになった。また各種の統制と相次ぐ召集令によって,多人数のメンバーを必要とするビッグ・バンドの維持は困難となり,バンドはコンボcombo(3~8人程度の編成)化した。中西部その他,全米各地から集まったプレーヤーによって,ニューヨークの黒人街ハーレムのクラブでは毎夜ジャム・セッションjam session(任意にグループを組み,即興で演奏しあって腕を比べあう集い)が行われた。…

【バンド】より

…ジャズ・バンド以後,タンゴ・バンド,ロック・バンドあるいはダンス・バンドなどのように,バンドという語はポピュラー音楽の分野で,その編成を問わず広く使われている。なおジャズでは,小編成のバンドはコンボcomboと呼んでビッグ・バンドと対比的に扱うことがある。【大浜 清】。…

※「コンボ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コンボの関連情報