コンボ(読み)こんぼ(英語表記)combo

翻訳|combo

日本大百科全書(ニッポニカ)「コンボ」の解説

コンボ
こんぼ
combo

ジャズ用語。大編成のバンドに対する小編成のジャズ・グループのこと。スモール・グループともいい、コンビネーションcombinationに由来する。3人編成(トリオ)から8人編成(オクテット)ぐらいのものが多いが、8人くらいのものはビッグ・コンボとよぶ。1930年代の末ごろから使われ始め、レコーディングのための特別編成のコンボが注目されるようになり、40年代前期からジャズの主流をなしてきた。

[青木 

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「コンボ」の解説

コンボ(combo)

三人から八人くらいまでの小編成のジャズ楽団。
組み合わせ。一組みにしたもの。「コンボメニュー」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「コンボ」の解説

コンボ

小編成small combinationの短縮語で,1930年代から主にジャズ用語として使用されてきた。一般的に,バンドよりは小編成の器楽グループをさす。普通,トリオ(三重奏)からオクテット(八重奏)までの編成をいい,それ以上のものはビッグ・コンボまたはスモール・バンドと呼んだりする。
→関連項目ジャズ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「コンボ」の解説

コンボ

〘名〙 (combo 元来combination orchestra の略) ジャズ用の小編成な器楽グループ。普通三人から七、八人までのものをいう。
※野獣の街(1960)〈大藪春彦〉一「コンボが情熱的な『マラゲーニア』を高く低く叩きだした」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のコンボの言及

【ジャズ】より

…そのためスウィング時代を通してファンを画期的に増していたダンス音楽としてのジャズは,鑑賞音楽への道を歩むことになった。また各種の統制と相次ぐ召集令によって,多人数のメンバーを必要とするビッグ・バンドの維持は困難となり,バンドはコンボcombo(3~8人程度の編成)化した。中西部その他,全米各地から集まったプレーヤーによって,ニューヨークの黒人街ハーレムのクラブでは毎夜ジャム・セッションjam session(任意にグループを組み,即興で演奏しあって腕を比べあう集い)が行われた。…

【バンド】より

…ジャズ・バンド以後,タンゴ・バンド,ロック・バンドあるいはダンス・バンドなどのように,バンドという語はポピュラー音楽の分野で,その編成を問わず広く使われている。なおジャズでは,小編成のバンドはコンボcomboと呼んでビッグ・バンドと対比的に扱うことがある。【大浜 清】。…

※「コンボ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android