コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンラート3世 コンラートさんせいKonrad III

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンラート3世
コンラートさんせい
Konrad III

[生]1093
[没]1152.2.15. バンベルク
ホーエンシュタウフェン朝初代のドイツ王 (在位 1138~52) 。ホーエンシュタウフェン朝の基礎を築いたが,みずからは神聖ローマ皇帝とはならなかった。シュワーベン公フリードリヒ1世の次男として生れ,1116年叔父のハインリヒ5世によって東フランケン公に任じられた。 27年ドイツ王となったザクセン家のロタール2世 (3世) の対立王に推されて王と抗争し,一時イタリア王ともなったが,38年ロタールの死後正式に王に選ばれ,アーヘンで王位についた。しかしバイエルン公兼ザクセン公ハインリヒ傲慢公 (ウェルフェン家) が彼の王位を承認せず,対立は傲慢公急死のあとも反乱となって継続したため,遺子ハインリヒ獅子公にザクセン領を与え,傲慢公の寡婦ゲルトルーデと結婚したハインリヒ・ヤソミルゴットにバイエルン領を継がせて事態を収拾した。 47年第2次十字軍に加わって小アジアにおもむいたが,疫病流行のために目的を果さず,50年帰国。のちシチリア王が北イタリアを侵したので,イタリア遠征を企てたが病没

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コンラート3世の関連キーワードフリードリヒ(1世)(ドイツ国王、神聖ローマ皇帝)オットー(Otto von Freising)フリードリヒ2世(独眼公)フリードリヒ1世(赤髯王)ハインリヒ(獅子公)フリードリヒ[1世]ウラディスラフ2世ヨハネス(2世)コンラト(3世)十字軍史(年表)カイザーブルク城ホノリウス2世ウェルフェン家ヨハネス2世ルイ(7世)マヌエル1世ウェルフ6世ザリエル朝アーヘンオットー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android