コ・したがう(漢字)

普及版 字通「コ・したがう(漢字)」の解説


11画

[字音]
[字訓] したがう

[説文解字]

[字形] 形声
声符は(戸)(こ)。〔説文〕六下に夏の同姓にしてに封ぜられた有氏のこととするが、の意のある字である。〔公羊伝、宣十二年〕に「」の語があり、養馬の意。(雇)が神前で鳥占(とりうら)を行うことを示す字であることからいえば、養・服従に関する何らかの儀礼を示す字であろうと思われる。古文字形に作り、山を拝する形に作る。の字形の示す形義は、なお明らかでないところがある。

[訓義]
1. したがう、まもる、とどめる。
2. こうむる、おびる。
3. ひろい、大きい。
4. ゆるい、はびこる。
5. 雇と通じ、やとう。

[古辞書の訓]
名義抄 セシム・カフリ・トリコ・ヒラク・ココ 〔字鏡集〕 アヒシタガフ・トドム・キル・ヨル・トリコ・アタ・ハタカル・カフル・アクガル・タヨリ・モル・ヒラク・セシム・ココ

[熟語]

[下接語]
・修・陪・跋・狼

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android