コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーパス・クリスティ コーパスクリスティ

百科事典マイペディアの解説

コーパス・クリスティ

米国テキサス州メキシコ湾西岸の港湾都市。綿花,石油,水産物の積出港。製油工業が盛ん。30万5215人(2010)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コーパス・クリスティ
こーぱすくりすてぃ
Corpus Christi

アメリカ合衆国、テキサス州南部の港湾・保養都市。人口27万7454(2000)。ニュー・エセス湾の入口にあるコーパス・クリスティ湾に面し、メキシコ湾との間にはマスタング島がある。石油・天然ガス地帯にあり、石油精製、化学、食品加工アルミニウムなどの工場がある。おもな輸出品は綿花、石油、穀物、化学製品である。この地方の温暖な気候と海水浴場および釣りなどの施設により、有名な観光・保養都市でもある。1839年に交易所が建設され、19世紀の終わりに鉄道が敷設されると、ウシとヒツジの移出港として発展した。1913年には近くで天然ガスが発見され、26年にはマスタング島を通る水路が開設されて、工業・港湾都市となった。コーパス・クリスティ大学、デル・マー大学の所在地でもある。[菅野峰明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コーパス・クリスティの関連情報