コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーパス・クリスティ コーパスクリスティ

2件 の用語解説(コーパス・クリスティの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

コーパス・クリスティ

米国テキサス州メキシコ湾西岸の港湾都市。綿花,石油,水産物の積出港。製油工業が盛ん。30万5215人(2010)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コーパス・クリスティ
こーぱすくりすてぃ
Corpus Christi

アメリカ合衆国、テキサス州南部の港湾・保養都市。人口27万7454(2000)。ニュー・エセス湾の入口にあるコーパス・クリスティ湾に面し、メキシコ湾との間にはマスタング島がある。石油・天然ガス地帯にあり、石油精製、化学、食品加工アルミニウムなどの工場がある。おもな輸出品は綿花、石油、穀物、化学製品である。この地方の温暖な気候と海水浴場および釣りなどの施設により、有名な観光・保養都市でもある。1839年に交易所が建設され、19世紀の終わりに鉄道が敷設されると、ウシとヒツジの移出港として発展した。1913年には近くで天然ガスが発見され、26年にはマスタング島を通る水路が開設されて、工業・港湾都市となった。コーパス・クリスティ大学、デル・マー大学の所在地でもある。[菅野峰明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コーパス・クリスティの関連キーワードエルパソサンアントニオヒューストン米墨戦争ベラクルスメキシコ湾メキシコ湾流アメリカメキシコ戦争テキサステックスメックス料理

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コーパス・クリスティの関連情報