コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コールハープル

百科事典マイペディアの解説

コールハープル

インド,デカン高原西部,マハーラーシュトラ州南端の都市。同名の旧藩王国の主都マラーター同盟中心地。商業の中心で,綿花サトウキビ集散地仏跡が多い。56万2000人(2011)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉の解説

コールハープル(Kolhapur)

インド西部、マハラシュトラ州の都市。デカン高原西端部、標高約560メートルに位置する。交通の要地で、タバコ・サトウキビなどの集散地。19世紀末、コールハープル藩王国時代に建造されたインド‐サラセン様式の宮殿がある。コラプル

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

コールハープル【Kolhāpur】

インド西部,マハーラーシュトラ州南西端の商業都市。人口40万6000(1991)。デカン高原西端部のクリシュナー川源流部にあり,同名の旧藩王国の主都。周辺からの米,モロコシ,サトウキビを集散。西方の森林部はチーク,シタンを産する。南・北インドを結ぶ交通の要地を占め,18世紀中期にマラーター同盟の中心地となり,都市形成が進む。町の中央には当時の官殿と寺院が残る。シバージー大学がある。【応地 利明】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報