コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴマフダマ Natica tigrina; tiger moon shell

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴマフダマ
Natica tigrina; tiger moon shell

軟体動物門腹足綱タマガイ科。高 3cm,殻径 2.8cm。殻は厚質堅固,球状で,体層は大きく丸い。殻表は平滑で,青白色の地に黒色斑が多数ある。殻口は半円形,ふたは石灰質で厚く,外側の縁に沿って2条の溝がある。瀬戸内海有明海などの内湾潮間帯より水深 20mの泥底にすみ,二枚貝類などに穴をあけて食害するので養殖の害敵となっている。東南アジアなどに広く分布する。食用。別名ヘソクリともいうが,これはゆでるとふたが殻口をふさぐため,ようじなどを差込んで肉を繰出して食べるためその名がついた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ゴマフダマの関連キーワード肺がんアゲマキガイウミニナスガイアキアミ(秋醬蝦)ウミニナ(海蜷)クルマガイ(車貝)検地竿ネピアグラスヒキガエル(蟇∥蟾蜍)

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android