コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴルディアヌス3世 ゴルディアヌスさんせいGordianus III; Marcus Antonius Gordianus

1件 の用語解説(ゴルディアヌス3世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴルディアヌス3世
ゴルディアヌスさんせい
Gordianus III; Marcus Antonius Gordianus

[生]225
[没]244. ツァイタ
ローマ皇帝 (在位 238~244) 。ゴルディアヌス1世の孫。1世の死後元老院はマクシムスバルビヌス両帝を立てたが,ローマの近衛軍,市民の支持を得て,両帝に対抗して 13歳で登位を宣言。両帝の死後単独帝となるが,政治は母と義父が後見。 242年義父とともにササン朝ペルシアと戦ったが,義父の病没後,部下に殺害された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ゴルディアヌス3世の関連キーワード略取誘拐罪日経300先物取引日経平均株価付合(法律)不二門 智光日経225オプション取引2E日経平均株価日経平均株価日経225先物取引

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone