コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴルノアルタイスク Gorno-Altaisk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴルノアルタイスク
Gorno-Altaisk

ロシア中部,西シベリア南部,アルタイ共和国の首都。1932年までウララ Ulala,1932~48年はオイロートトゥラー Oirot-Tura。アルタイ山地北西麓の丘陵地帯にあり,オビ川源流カトゥン川への合流点に近いマイマ川に臨む。農業地帯の中心地で,製材,家具,繊維,食肉加工などの工業がある。教育大学,歴史・言語・文化研究所が置かれている。ビースクからアルタイ山地を通ってモンゴルへ通じるハイウェーに沿う。人口 5万3070 (2006推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ゴルノアルタイスクの関連キーワードアルタイ地方

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android