コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴー・チョクトン Goh Chok Tong

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴー・チョクトン
Goh Chok Tong

[生]1941.5.20.
シンガポールの政治家。中国名は呉作棟。シンガポール大学経済学部を卒業後,官界に入り,のちにウィリアムズ大学で開発経済学の修士号を取得。赤字だった国営船会社ネプチュン・オリエントの経営立て直しで認められ,1976年には当時のホン・スイセン大蔵大臣の推挙を得て与党人民行動党より総選挙に出馬,国会議員に初当選した。以後,貿易工業大臣,保健大臣などを歴任。早くからリー・クアンユーの後継者候補の一人と目され,1985年に第1副首相兼国防大臣となり,その地位を不動のものとした。 1990年リー・クアンユーの首相引退により首相に就任。 2004年上級大臣就任。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ゴー・チョクトンの関連キーワードアジア欧州会議(ASEM)リー・シェン・ロンリー・シェンロンアジア欧州会合PAP

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ゴー・チョクトンの関連情報