コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サエンス・ペニャ サエンス・ペニャSáenz Peña, Roque

1件 の用語解説(サエンス・ペニャの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サエンス・ペニャ
Sáenz Peña, Roque

[生]1851.3.19. ブエノスアイレス
[没]1914.8.9. ブエノスアイレス
アルゼンチンの外交官,政治家。大統領 (在任 1910~14) 。父ルイスも大統領に就任。 1889~90年ワシントン D.C.で開かれた第1回アメリカ諸国国際会議に,外相であった彼はアルゼンチン代表として参加。 1901年スペイン大使,07年イタリア大使。 10年急進党の H.イリゴイェンを押えて大統領に当選。 12年男子普通選挙権,秘密投票,選挙登録を定めたサエンス・ペニャ法を制定するなど民主的改革を行なったが,14年8月執務中に倒れた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

サエンス・ペニャの関連キーワードリゴレットギュツラフ真葛長造気成電気万国博覧会ミシン万国博覧会万博EXPO

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone