コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サオーヌ城 サオーヌじょうChateau de Saône

1件 の用語解説(サオーヌ城の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サオーヌ城
サオーヌじょう
Chateau de Saône

シリアのラタキア港の北東約 24kmの細長い峰の上に建てられた要塞。 975年にビザンチン帝国ヨハネス1世がこの地を征服し,11世紀に二重式の郭と砦を造ったが,12世紀にはフランク人の支配となり,北東側城壁は大きな天守と半円形の稜堡でさらに強化され,南側は1基の円塔と3基の巨大な角塔を伴うがっしりとした城壁に変えられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

サオーヌ城の関連キーワードアッツ[島]荒川放水路五十鈴川ジャージー[島]スカパ・フロー層雲峡トレント[川]馬祖島米沢盆地ロンドン

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone