コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サオーヌ城 サオーヌじょうChateau de Saône

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サオーヌ城
サオーヌじょう
Chateau de Saône

シリアのラタキア港の北東約 24kmの細長い峰の上に建てられた要塞。 975年にビザンチン帝国ヨハネス1世がこの地を征服し,11世紀に二重式の郭と砦を造ったが,12世紀にはフランク人の支配となり,北東側城壁は大きな天守半円形稜堡でさらに強化され,南側は1基の円塔と3基の巨大な角塔を伴うがっしりとした城壁に変えられた。しかし 1188年シリアのサラディン王によって包囲され,投石機を用いた集中攻撃で落城した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

サオーヌ城の関連キーワードヨハネス

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android